- k a s u k a n a h i k a r i -
This page was written by Japanese language. All right reserved.

 

   ここでは kou.ta 及び 個人サークル[カスカナヒカリ]の活動を更新していきます。

 

スペース :  [ T ー 10b ] カ ス カ ナ ヒ カ リ にて頒布します。

 

  パーフェクトガール   A6(文庫本) : 40ページ
 

 とあるきっかけで付き合い始めた俺とマキ。
 三年と五ヶ月という月日が過ぎて、
 けれど、あっけなく終わりの時はやってきた。
 そもそも、俺たちは始まりからしておかしかったんだと思う。

 「人生にも、チューリングマシンがあれば良いのにね」
 マキが呟いていたことがある。
 増えては減ってを繰り返す口座の金額。
 増えつづける一方の年齢。
 実体のない漠然とした不安に押しつぶされそうになりながら、
 それでも、取捨選択を迫られる。
 最適な行動、意味のあることだけを行う人生とは
 どんなものなのだろうか。

 

 

スペース :  [ G ー 31b ] カ ス カ ナ ヒ カ リ にて頒布します。

 

  35センチ   A6(文庫本) : 40ページ
 

 カバーイラスト : ゆーげん

 私の身長が百四十八センチで
 トオルの身長が百八十三センチ
 実に三十五センチもの差がある

 積み重ねた時間とか、小さい頃の約束とか
 そんな綺麗ごとはフィクションの世界で
 輝くばかりで現実には何の役にも立たない
 砂時計の砂が、上に行く事は無い
 私たちの時間は戻る事が無いし
 関係も元には戻せないけれど
 だからこそ私たちの積み重ねた時間が
 消えてしまう事は無い

 

 

スペース :  三日目 東 [ ピ ー 22a ] カ ス カ ナ ヒ カ リ にて頒布します。

 

  日常シーケンス   A6(文庫本) : 80ページ

 主観なんて、自分の中だけの適用ルールでしかない。
 どんな事だって、それを観測する相手が居なければ存在すら認めてもらえない。
 例えば、勉強やお洒落だってそうだ。
 競う相手が居るからこそ、初めて向上心が生まれる。
 必然的に人数の集中する都市部の平均偏差値が高くなるし、
 毎日、お洒落を決め込む引き蘢りなんてどこにも居ない。
 主観は善悪だって消してしまう事になる。
 犯罪だって咎める者が居なければ裁かれる事も無く、
 善行も褒める者が居なければそれが正しい事なのかも分からなくなる。
 そして、幻覚や幻聴もそれが間違いだと気付く者が居なければ、
 本物にだって成り得る事ができる。
 自分を騙せば世界だって変える事ができるのだ。
 例え、それがどんな世界であっても。

 

 

スペース :  二日目 東 [ V ー 31a ] c a p r i c c i o s u i t e にて頒布します。

 

  流れ星を、一つだけ。   A6(文庫本) : 196ページ
 
 さぁ、ここから始めよう
 君が未来に進む為に
 僕が過去の町を辿ろう

---------------------------------------------------------

  あらすじ

  僕は恋人の詩帆と高校時代、共に過ごした春日之町へと向かった
  詩帆は高校生活の最後に事故に遭い、以前の記憶を全て失っていた
  僕にとってはただ懐かしく、詩帆にとっては初めてとなる春日之町
  数々の思い出の場所を巡っていくうち、僕のなか疑問が生まれる

  表題作「流れ星を、一つだけ。」に加えて
  「360」「ある雨の日の卵焼きは」等、短編を多数収録

 

スペース :  [ り ー 14b ] capriccio suite にて頒布します。

 

  T i m e r   A6(文庫本) : 100ページ
 
 人間 × 時間 をテーマとした全四話の短編集です。
 

---------------------------------------------------------

  あらすじ

  [ case . 1 ] two years and five month.
  僕は、二年と五ヶ月の間、病院で眠り続けていたらしい。
  急にそんな事を言われても、全然実感が湧かないもので、

  けれど、世界に置いていかれてしまっているのも事実で。
  一体、どこで何を間違えたんだが。

  
  他、計4編の短編を収録。
  

  ■ 特設ページ ■

 

スペース :  [ て ー 16a ] カ ス カ ナ ヒ カ リ にて頒布します。

 

  泣き虫な私と 平凡な俺と 半透明の猫   A6(文庫本) : 192ページ
 
 二人と一匹の視点から描かれる数日間のお話です。
 カバーイラスト : カナエ

---------------------------------------------------------

  あらすじ

  みんな自分の生きる理由を探してる
  私も、探してるのかな
  
  会社に疑問を持ち、社会人生活を早々に投げ出した私と
  大学三年の夏、終わりの近い自由を満喫していた俺と
  死に場所を探し、さまよい続ける猫が織り成す、日常の延長線にある物語
  
  二人と一匹は気まぐれに出会い、時は流れていく
  ゆっくりと、けれど、確実に

 

スペース :  三日目 西1 [ め ー 24b ] c a p r i c c i o s u i t e にて頒布します。

 

  1000!   A6(文庫本) : 56ページ
 
 1000文字小説をまとめた掌編集です。

---------------------------------------------------------

  あらすじ

  三月の風
  
  大学卒業後も夢を追う為に、私は反対されながらも一人暮らしを始める。
  不安でいっぱいのまま、新しい部屋で荷物を片付けていると……、
  
  他、小さな魔法 ノイズ 光ある世界へ to be, or not to be.
  抱きしめたい heavy soul 壊れた機械 世界が終わる夜に
  桜木さん バスストップ の計11編を収録
 

 

 



スペース : け ー 28a カスカナヒカリ にて頒布します。 委託品についての情報はこちらです。 
  

 

  彩リセカイ - c o l o r f u l w o r l d -  A6(文庫本) : 120ページ  
 
 ジャンルの違う四つの短編を収めた短編集です。
 カバーイラスト : くーや

---------------------------------------------------------

  あらすじ

  日々はいろんなもので溢れていて
  少し笑ったり、少し泣いたり
 
  そんなどこにでもある日常の欠片
  それらを拾い集めた短編集です
  
  チェリーブロッサム、 三人の木村、
  ノンフィクション、 不眠症クラブ の四編を収録
  
  ■ 特設ページ ■

 

 



スペース : あ ー 68a capriccio suite   
                ア ー 02b Ghost Fuck!    にて委託します。    

 

  優しいノイズ - g e n t l e n o i s e -  A6(文庫本) : 136ページ  
 
 高校生四人のバンドをテーマにした、完全オリジナルストーリーです
 カバーイラスト : くーや

---------------------------------------------------------

  あらすじ

  目映いライトの中、頬を伝う涙を拭う事もできず
  私はその拍手に包まれるように立ち尽くしていた

  高校に入り、アユミたち四人はバンドを組んだ
  毎年の文化祭でのステージを目標に、練習を続けていた
  しかし三年の夏、ある事故を境にアユミは脳に障害を負う
  それは人の声を、音としてしか認識できなくなるといったものだった
  街に溢れている人の声は雑音でしかなくなってしまい
  認識できるのはメールや文章など、耳には聴こえない言葉だけに
  聴こえる言葉を失い、聴こえない言葉が全てになった
  三度目の文化祭の時期が近づいてくる
  もう一度、アユミは歌を取り戻す事ができるのだろうか

 

 



スペース : うー18b capriccio suiteにて委託します。

 

  星なる石 - a stone named a star - A6(文庫本) : 80ページ  

 Key Sounds Label より発売されましたオリジナルアルバム, Love Song
 その中の一曲である「星なる石」を元に構成された二次創作ストーリーです

---------------------------------------------------------

  あらすじ

  「私ね、もうすぐ死ぬんだって」
  夕暮れの公園で、咲希はそう告げた
  その言葉が、僕らの何でもない毎日を大切なものへと変えていく
  咲希は小さい頃からその病気を抱えていて、よく病院に通っていた
  ずっと一緒に過ごしていた僕は、それを当たり前の事だと思っていた
  けれど、その頃にはまだ僕たちの周りに起こっている事の深刻さも知らず
  治らない病気なんてものを理解する事もできる筈もない
  だから、ただ日常と言う毎日を過ごしていた
  死と言うものの実体が無くなり、偽りの日常を磨り減らしていく
  僕たちは何も知らないまま、成長していった

↓ Love Songについては、こちらをご覧下さい。
http://key.visualarts.gr.jp/lovesong/ls_reported.htm